浮気調査

浮気調査現在、3組に1組の比率で離婚が発生しています。その原因の殆どがこの不倫問題と言われています。
旦那の態度がおかしい・・・
最近妻が急にやさしくなった気がする
趣味の違うプレゼントを貰った・・・
携帯のアドレスは苗字のみでしか登録していない
家の中でも携帯電話を持ち歩く
浮気の兆候は何気ないところからあらわれます。

浮気調査は早めが肝心

浮気が始まるとお互いにどんどんハマっていって、泥沼の関係になることも多くあります。最悪の場合は妊娠などから離婚問題まで発展します。
放っておくと、「離婚」を考え出した相手が、財産分与や慰謝料問題、親権問題なども有利にすすめるよう水面下で考えられていることも多くあります。
依頼者様が離婚をしたくない場合でも、離婚を考える場合でも有利に話をすすめるには相手より早めに動く必要があります。
気になる行動がある場合、お気軽にご相談ください。プロの視点で客観的なアドバイスをさせていただきます。

なぜ浮気調査が必要なのか

夫婦にはお互いが貞操を守る義務が課されています。浮気(不貞行為)はこの義務に違反したことになり、離婚の請求ができますし、不倫相手には「貞操義務侵害者」として、慰謝料の請求ができます。
浮気(不貞行為)の証拠があれば、離婚を決意されているならば、慰謝料・養育費など離婚に向けて優位な立場に立つことが出来ますし、離婚を決意されていない場合でも不倫相手に慰謝料請求などをし、別れさせる行動をとることが出来ます。
そのために、浮気(不貞行為)を客観的に判断できる、それなりの証拠が必要なのです。

プロの調査では相手に気づかれる事がなく、独自の機材などで写真などにおさめ証拠収集を行います。調査報告書は、法的処置にも対応しておりますので相手がどんな言い訳を言っても通用しません。

調査相談

PAGETOP